おひとりさま終活で一人暮らし高齢者の不安を和らげよう
終活は身辺整理・断捨離から始めよう > 終活 > おひとりさま終活で一人暮らし高齢者の不安を和らげよう

おひとりさま終活で一人暮らし高齢者の不安を和らげよう

誰もが年をとって老いていきます。これまでずっと独身の方、結婚していても配偶者に先立たれ、子供との別居で一人暮らしをする高齢者、いわゆる「おひとりさま」が増えています。そんな「おひとりさま」の心配事は病気・介護が必要になったり、死が迫ったりしたらどうなるのかです。2015年に592万人もの高齢者が一人暮らしをされています。

さらに!2035年には、東京では高齢者世帯の44%が一人暮らしになるそうです。
そこで今回は、一人暮らし高齢者の不安を和らげるおひとりさま終活をご紹介致します。

 

おひとりさま終活で一人暮らし高齢者の不安を和らげよう

 

 

一人暮らし高齢者はこんな不安を抱えている

年は取りたくありませんが、毎年必ず年をとります。それと同時に体力や判断力が衰えていきます。これは誰もがとおる道で避けることができません。ですが、心と体が健康なうちから将来必要になる介護や看護・終末医療について準備しておくことで不安を和らげることができるんです。

 

2015年に592万人もの高齢者が一人暮らしをされています。さらに、2035年には、東京では高齢者世帯の44%が一人暮らしになるそうです。内閣府の発表によれば、2035年には、762万人が一人暮らしの高齢者になり、一人暮らしの4人に一人は女性の高齢者、また、3人に一人は高齢者になるそうです。

 

高齢者の心配事は健康や病気・介護が必要になったり、死が迫ったりしたらどうなるのかです。募る不安を和らげるには、生前や死後に発生する様々な手続きの段取りが欠かせません。

 

内閣府が2014年に(平成26年)に実施した「一人暮らし高齢者に関する意識調査」によれば、TOP10はこのようなことに不安を感じられているそうです。

1位 健康や病気のこと(58.9%)
2位 寝たきりや身体が不自由になり介護が必要な状態になること(42.6%)
3位 自然災害(29.1%)
4位 生活のための収入のこと(18.2%)
5位 頼れる人がいなくなること(13.6%)
6位 社会のしくみ(法律・社会保険・金融制度)が大きく変わってしまうこと(12.6%)
7i位 だまされたり、犯罪に巻き込まれたりすること(10.3%)
8位 家業・家屋・土地・田畑などの財産や、先祖や自分のお墓の管理・相続のこと(8.0%)
9位 住まいに関すること(7.6%)
10位 子や孫などの将来(6.6%)

 

内閣府が2014年に(平成26年)に実施した「一人暮らし高齢者に関する意識調査」
出典元:内閣府 https://www8.cao.go.jp

 

このような不安は、生前や死後に発生する様々な事柄を事前に準備しておくことで和らげることができます。

 

たとえば、健康や病気については、「 かかりつけ医」を見つけておくことが大切です。 かかりつけ医とは、日常の健康管理からちょっとした体の不調を気軽に相談できる医師のことで、普段から診てもらうことで体調や身体の変化を把握しており、どの診療所を受診すればよいのか適切なアドバイスをしてくれます。また、かかりつけ医は、病状だけではなく、これまでの病歴や健康状態をすべて把握しています。しかも!かかりつけ医は専門病院と連携しているので重篤な病気や手術が必要なときには、すぐに紹介状を書いてもらえます。

 

また、寝たきりや身体が不自由になり介護が必要な状態になった場合についても、「子供の近くに引っ越す」・「介護付き付き高齢者向け住宅」などに入居、または引っ越しをすることを考えておくことで万が一にそなえ考えておくだけで不安を払拭することができます。

 

自然災害についても、アパートやマンション、または、高齢者向けシェアハウス・高齢者向け賃貸住宅などへ体の自由がきくうちに引っ越しのても1案です。昨今、台風やゲリラ豪雨など自然災害は地球温暖化の影響で大きくなり、家が壊れたり浸水したりと大きな被害をもたらしています。自然災害にあうと家の修理や建て直しなどで予期せぬ費用がかかり、老後の貯えと考えていたお金にも大きな影響をあたえてしまうからです。

 

終活の身辺整理・断捨離についてはこちらをご覧ください。

 

 


同ジャンル・関連ページ


error: Content is protected !!