終活|任意後見・法定後見と任意代理契約(生前事務委任契約)違い
終活は身辺整理・断捨離から始めよう > 終活 > 終活|任意後見・法定後見と任意代理契約(生前事務委任契約)違い

終活|任意後見・法定後見と任意代理契約(生前事務委任契約)違い

独身の方、また、何らかの理由でお一人になられた方、いわゆる「おひとりさま」は、終活で知っておきたい4つの大切な制度があります。

 

今は元気で健康でも、年々、体力が衰え、今後の生活や死後に備えて考えておくことがあるんです。

 

皆さんもご存知のように、歳を重ねて老いていくと、体力が衰え、判断力までも無くなっていきます。

 

事実、2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人に認知症の方がおられるのです。また、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。

 

だから自分は大丈夫とは言い切れないんです。

 

そこで、今回は万が一ご自身が「おひとりさま」になれた場合に知っておきたい4つの制度「任意代理契約(財産管理等委任契約)」・「任意後見契約」・「死後事務委任契約」・「遺言書」をご紹介致します。

 

終活|任意後見・法定後見と任意代理契約(生前事務委任契約)違い

 

知っておきたい4つの制度

先ほどもご紹介を致しましたが、誰しもがこの先、おぎとりさまになる可能性があります。独身者の方はもちろん、独身で無い方でもこのさき、配偶者に先立たれたりしておひとりさまになる場合もあるんです(^^;

 

そこで知っておくと大変便利な制度を4つご紹介致します。
1.任意代理契約(財産管理等委任契約)
2.任意後見契約
3.死後事務委任契約
4.遺言書

 

任意代理契約とは、判断能力はあるが身体が不自由になったとき、見守りや財産管理などを行ってもらうものです。

 

また、任意後見契約は認知症などで判断能力が乏しくなったとき、介護サービスの契約や財産管理などを行ってもらうものです。判断能力があるうちに契約します。

 

任意代理契約と任意後見契約の違いはこのようになります。

  任意代理契約(生前事務委任契約)  任意後見契約
公正証書 公正証書でなくても良い 必ず公正証書
支援者を監督する人 つかない 必ず家庭裁判所が選任
本人の判断能力 必要 契約時は必要だが実際に開始は低下してから
身体障害者 不可
精神障害者・知的障害者 不可

 

死後事務委任契約とは亡くなった後の事務的な手続きを委任するための契約のことをいいます。行う手続きは、主に下記のようなことがあげられます。
・役所への届出
・死亡した事等、家族や友人などへの連絡
・葬儀・埋葬手続き
・生前の医療費など未払分の精算
・遺品整理及び住まいの処分
・各種サービス(電話、インターネットなど)の解約

 

遺言書は、確実に生前の意志に従って、財産の配分などをしてもらうためのものです。ただし、自筆の書遺言は、自分一人で書くことができるため、費用も依頼の手間もかからない一方、決まった書式を守らないと無効になってしまいます。また記述内容が曖昧だと相続人同士の争いの種になる可能性もありますので注意が必要です。

 

 


同ジャンル・関連ページ


error: Content is protected !!